Google

WWWを検索  kisarazu.ac.jpを検索
HOME | 交通案内 | 採用情報 | 入札公示 | サイトマップ | お問合せ | English
準学士課程 学習・教育目標
◆準学士課程 学習・教育目標
 準学士課程では、教養ある社会人としての技術者の育成として、自主自立の精神と国際的視野を持ち、
1) 基礎学力と工学に関する基礎的な知識
2) 行動と実践に基づく柔軟な発想力と創造力
3) 倫理的・美的価値への感受性
を備え、他者と共同して社会に貢献できる問題発見・解決型の技術者をめざして、以下の4点の側面から学習・教育目標を設定しています。

1.人間形成
 健康な身体と精神を培い、社会に貢献するすぐれた人間として、幅広い教養をもとに、技術者としての責任を自覚し、その使命を実行しうる技術者。
(1) 豊かな人間性と健康な心身を培う。
(2) 深く社会について理解し、広い視野が持てるよう、豊かな教養を身につける。
(3) 技術が自然や社会に及ぼす影響・効果を理解し、技術者としての責任を自覚する。

2.科学技術の修得
 自らの専門とする科学技術についてその基礎となる理論及び原理を十分に理解し、積極的に活用しようとする技術者。
(1) 数学および自然科学の基礎知識とそれらを用いた論理的思考能力を身につける。
(2) 専攻する学科の専門分野の知識と能力を身につける。
(3) 実験・実習を通して、ものづくりに必要な力を身につける。

3.コミュニケーション能力
 高度情報化社会に対応し、自らの考えを状況に応じて的確に表現しうる技術者。
(1) 日本語の記述能力を身につける。
(2) 英語によるコミュニケーション基礎能力を身につける。
(3) 情報技術を使いこなし、発表・討論ができる能力を身につける。

4.創造力
 自ら工夫して新しいものを造り出す問題発見・解決型の技術者。
(1) 一般特別研究や卒業研究などを通して、修得した知識や技術をもとに創造性を発揮し、問題を発見し、解決する能力を身につける。


◆各学科・学系の教育目的
 本校の準学士課程では、5年間の一貫教育を通して深く専門の学芸を教授し、職業に必要な能力を育成することを目的として、機械工学科・電気電子工学科・電子制御工学科・情報工学科・環境都市工学科の5つの学科が設置されています。また、各学科共通の一般科目は、国語、社会、保健・体育、外国語等を教授する人文学系と数学、物理、化学等を教授する基礎学系に分かれています。以下に各学科および学系の教育目的を示します。

機械工学科
 材料力学・材料分野、熱流体分野、生産システム分野、計測制御分野等の基礎科目に加えて、実験・実習、設計・製図、コンピュータに関する教育を行い、ものづくりに必要な創造的設計手法を理解し、システム開発の素養を有する技術者を育成する。

電気電子工学科
 電子・情報通信・コンピュータ・材料・計測・制御・電気機器・エネルギーなど、現代の高度化技術社会の基礎に係わる教育を行い、創造力が豊かで次世代の産業社会を担うことができる技術者を育成する。

電子制御工学科
 制御工学を中心として、電気工学、電子工学、機械工学、情報処理工学、計算機工学などの広範囲な基礎科目に関する教育を行い、制御システムの開発に対応できる技術者を育成する。

情報工学科
 情報処理の基本技術である計算機ハードウェアとソフトウェア技術を中心に、インタフェース技術・情報通信技術・制御技術などの関連分野の教育を行い、総合的な情報処理システムの知識を備えた技術者を育成する。

環境都市工学科
 構造力学、水理学、土質力学、測量学、情報処理等の基礎科目に加え、生態環境工学、水環境工学等の環境工学の教育を行い、自然環境の保全や安全で快適な都市の創成などの要望に応えることのできる技術者を育成する。

人文学系
 国語、社会、保健・体育、外国語等の教育を通じ、心身の鍛練と並行しつつ、日本語および特に英語でのコミュニケーション能力を養成し、国際的視野を持たせ、倫理的・美的価値への感受性を育むことにより、教養ある社会人としての基礎力を養成する。

基礎学系
 数学、物理学、化学等の自然科学系一般科目の基礎教育および専門基礎教育を通じ、論理的思考能力と実験・観察の技術を身につけ、最新の科学技術の基礎となる理論と原理が理解できるようにする。


▲このページの先頭に戻る


HOME | 交通案内 | 採用情報 | 入札公示 | サイトマップ | お問合せ | English
〒292-0041 千葉県木更津市清見台東2-11-1 電話0438-30-4000(代表) FAX0438-98-5717