木更津高専ドイツ政府の認定校に

2009年6月30日(火)


 6月30日、本校会議室においてドイツ外務省のプロジェクト「パートナーシューレ(学校)」の認定校プレート授与式およびドイツ語国際認定試験「Start Deutsch T」合格証書授与式が、同日行われた。「パートナーシューレ(学校)」とは世界各国でドイツ語を学んでいる学校500校とドイツ人学校500校の計1000校をパートナー校として協定を結ぶものであり、日本では木更津高専が認定校となった。当日、ドイツ大使館ハラルド・ゲーリック一等参事官より、認定校プレートが本校河上校長に手渡され、その後、合格証書授与式に移り、ゲーテ・インスティトゥート ユルゲン・レンツコ副所長より、「27人の合格者は予想をはるかに超える好成績であり、この試験成績はドイツで生活していくのに十分な語学力を身につけている」との挨拶があり、学生一人ひとりに祝福のメッセージと共に合格証書が手渡された。学生は予想を超えた祝福の会となったことに、満面の笑みで記念撮影に収まった。なお、8月には合格した学生のうち12人が、ドイツ政府の全面支援を受けて3週間ドイツを訪問する。


認定校プレート授与式およびドイツ語国際認定試験合格証書授与式


国際交流TOP |  ホーム