トピックス

「第33回関東信越地区高等専門学校英語弁論大会」に参加しました(学生取材記事)

 平成30年11月17日(土)に、小山高専で「第33回関東信越地区高等専門学校英語弁論大会」が開催されました。その大会に参加した学生の感想を紹介します。

レシテーション部門(第1位)
 みんなのスピーチの内容はとても素晴らしかったと思います。発音と単語もちゃんとできており、本当に良かったと思います。これは私の初めての日本での大会なので、ちょっと心配しましたが、問題なくてよかったです。私に大会に出る機会を与えてくれてありがとうございます。
               (文責:情報工学科3年 モハマド アフィク ビン モハマド アルシャド)

レシテーション部門(第2位)
 世界一貧乏な大統領と言われているウルグアイのホセ・ムヒカ大統領の2012年リオ会議でのスピーチをテーマに選びました。世界一豊かな心を持った大統領のスピーチに共感し、英語で伝えたいと思ったからです。実際に取り組むと、ムヒカさんのスピーチとナレーションをいかに区別するか、どうスピーチに心をこめるか、これが思った以上に大変だったので、2位という結果を残せて嬉しかったです。
                            (文責:電子制御工学科2年 田沼 知基)

スピーチ部門
 他の人のスピーチのしゃべり方や立ち振舞い、パワーポイントの使い方など参考になりました。これからの学びにいかしていきたいです。
                            (文責:電気電子工学科2年 今浦 良映)