トピックス

ミャンマー連邦共和国国会議員視察団が来校

 5月13日、特定非営利活動法人アジア環境技術推進機構の仲立ちによりミャンマー連邦共和国の国会議員視察団一行12名が来校しました。
 このたびの来日は、同機構が両国の橋渡し役となり進めている、中堅技術者養成学校「JMVTI Aung Sanプロジェクト」(ミャンマーでの学校建設)の迅速な推進や両国の国会議員交流の促進などを目的としており、本校へは、高専における電気電子・機械・土木建築等の専門分野の教育研究環境を視察するための訪問でした。
 前野校長と視察団代表である交通・通信・建設委員会議長ティン・マウン・ウィン氏による挨拶の交換後、前野校長の英語での学校概要説明を受けて高専制度についての活発な質疑を交わした一行は、引き続き実験・実習施設に赴き、機械工場において各種工作機器設備を、電気機器実験室では電気回路を用いた多様な実習設備を、都市創造実験室においてはコンクリートの強度試験機の実試験などを見学し、各担当者の説明に熱心に耳を傾け、続いて赴いた水理実験室では、コンピュータ制御により流水が多様に変化する環境形水理実験装置の様子に関心を寄せるなど、今回の視察は一行にとって実り多いものとなった様子でした。
 当日の視察には、国立高等専門学校機構の内村国際交流課長が同行しました。

視察団に挨拶する前野校長

視察団に挨拶する前野校長

コンクリートの強度試験機の実試験を見学

コンクリートの強度試験機の実試験を見学

環境形水理実験装置の説明を聴く一行

環境形水理実験装置の説明を聴く一行

記念撮影風景

記念撮影風景