トピックス

全国高専体育大会(バスケットボール)(学生取材記事)

 男子バスケットボール部は、8月25~27日にホワイトリング(長野市真島総合スポーツアリーナ)で行われた第52回全国高等専門学校体育大会に出場しました。
 この大会は、部員全員が初めての全国の舞台でした。全国大会優勝を目指して臨んだこの大会は、下級生が前々日まで地区の大会、4年生がインターンシップなど、全員が揃っての練習がほとんどできない厳しい条件の下で戦いました。初戦は前回大会覇者の松江高専でした。出だしは両チームともシュートが入り接戦でしたが、後半になると自分達のシュートが入らなくなり負けてしまいました。後がなくなった僕達は続いて苫小牧高専と戦いました。序盤からシーソーゲームでしたが、疲れからか集中力が途切れた隙に相手に攻め込まれ負けてしまいました。1勝もできず終わってしまった全国大会でしたが、後輩たちのおかげでここまで来ることができたことに感謝しています。今年の悔しさを忘れず、今後の大会でも良い成績を残してほしいと思います。
 目標であった全国大会優勝を達成することはできませんでしたが、全国大会へ出場することができ、これから自分達がすべき課題が見つかった良い大会でした。応援に来てくださった先生方、OB、OGの方々、保護者の皆様ありがとうございました。
(文責:機械工学科5年 西尾 徹也、髙宮 一樹)

大会後の集合写真