トピックス

創立50周年記念式典・講演会・祝賀会を開催

 木更津高専は、11月18日(土)、千葉県文化会館において、創立50周年記念式典及び記念講演会を開催した。

 出席者は、来賓(後援会、卒業生を含む)、学生及び教職員約1350名。式に先立ち木更津高専の50年の歴史を振り返るスライドショーが行われた。場内スクリーンに創設当初から現在に至るまでの懐かしい写真が映し出されると来賓から当時を懐かしむ声が聞こえた。

 記念式典では、国歌斉唱を行い、前野一夫校長が「ここに次の50年に向けた国内外を見据えた新たな歴史を作り上げて行く決意である」と式辞を述べた後、林 芳正文部科学大臣(福島高等教育局専門教育課企画官が代読)、浜田靖一衆議院議員、千葉県知事の代理として内藤敏也千葉県教育委員会教育長、渡辺芳邦木更津市長、徳久剛史千葉大学長、蔡 東湖   台湾国立聯合大学校長の各来賓から祝辞が述べられた。また、谷口功国立高等専門学校機構理事長(豊岡理事長特別補佐が代読)から謝辞があった後、学生代表として榎本拓海学友会長から素晴らしく頼もしい挨拶が述べられた。続いてスライドを使ったロゴマーク披露、冠奨学金紹介が行われ、最後に木更津高専技術振興交流会会長を13年にわたり務められた長野史郎前会長に特別表彰を行い、記念式典を終了した。

 引き続き開催された記念講演会では、木更津高専機械工学科の卒業生である飯塚 博山形大学工学部長による「将来に備えて今やるべきこと~個性を磨く~」と題した講演が飯塚学部長の学生時代の写真を交えながら行われた。

 会場を京成ホテルミラマーレに移して開催された記念祝賀会では、前野一夫校長の挨拶後、大石潔長岡技術科学大学副学長、井上光輝豊橋技術科学大学副学長(大西学長の代読含む)、小宮一仁千葉工業大学長、高橋学新日鐵住金(株)技術開発本部鉄鋼研究所長から祝辞が述べられた。

 引き続き、前野校長と来賓14名による鏡開きが行われ、中村和正同窓会長の発声により乾杯し、創立50周年を祝った。祝賀会は終始和やかな雰囲気で進み、河上恭雄第10代校長、植田紳治名誉教授、石井加奈子後援会長からスピーチをいただいた後、最後に在原亀治郎木更津高専技術振興交流会会長の音頭による万歳三唱で締めくくった。

   

    式辞を述べる前野校長          大臣祝辞を代読する福島高等教育局専門教育課企画官

    

  祝辞を述べる浜田靖一衆議院議員         祝辞を述べる内藤敏也千葉県教育委員会教育長

   

  祝辞を述べる渡辺芳邦木更津市長          祝辞を述べる徳久剛史千葉大学長

   

祝辞を述べる蔡 東湖台湾国立聯合大学校長     高専機構理事長謝辞を代読する豊岡理事長特別補佐

   

 学生代表挨拶を行う榎本拓海学友会長            ロゴマーク披露

   

      冠奨学金紹介              講演を行う飯塚博山形大学工学部長

     祝賀会での鏡開き