トピックス

平成29年度(第10回)国土交通大臣賞(循環のみち下水道賞)受賞

 国土交通省は、持続的発展が可能な社会の構築に貢献する「循環のみち下水道」につながる優れた取組みを「国土交通大臣賞(循環のみち下水道賞)」として表彰しています。この度、木更津高専・環境都市工学科の3教員(上村、湯谷、大久保)が、GKP下水道を未来につなげる会(GKP未来会)の皆さんと本科4年生を対象に行ってきた「下水道教育 “ 水ビジネスと下水道”ワークショップ」の活動が認められ、同賞のアセットマネジメント部門を受賞しました(東京電機大学、東京都市大学、茨城大学、京都大学と連名で受賞)。写真は平成29年9月8日に行われた授賞式の模様です。
 「教育」としての活動が、思いもかけず、このような受賞に結び付き本当に嬉しく思っています。今後も、人材養成の観点から下水道界の持続と進化に一層貢献したいと思っています。活動内容については、文教速報(平成29年1月8日)や水道産業新聞(平成29年2月27日)、高専学会誌(平成29年4月号)及びGKP未来会のホームページで紹介されていますので、そちらをご参照ください。
 最後に、本賞の受賞にあたり、国土交通省・下水道部・加藤裕之氏ならびにGKP未来会の皆様に厚く御礼申し上げます。
(文責:環境都市工学科・上村繁樹)