トピックス

平成30年度祇園祭(学生取材記事)

 初めに学校関係者、学生のみなさんありがとうございました。皆様のご尽力のおかげで、無事に祇園祭(学園祭)を成功で終えることができました。厚く御礼申し上げます。
 今年度の祇園祭(10月27日・28日開催)では51周年目ということで、改めて高専生について知ってもらいたいと思い、それを目標に祇園祭を作り上げてきました。その過程で私は他の祇園祭実行委員の方に助けられたり、学校関係者様からご支援を受けたりと助けられてばかりでした。本番を迎えたときには全員で作り上げた祇園祭を見て今までの努力が報われたと強く感じました。
 また、今年は交流にも力を入れ、祇園祭を通して私は他の高専の方と知り合い、お互いの学園祭に参加するほど交流を深めることができました。
 祇園祭を終えて自身の成長の実感、1つのことを成し遂げることの期待と不安、協力者と呼べる仲間の頼もしさ、様々な貴重な経験をこの肌で感じることができました。また、生涯で最高の経験になったと確信しました。
               (文責:平成30年度祇園祭実行委員長 電気電子工学科4年 鹿内豊)

天候に恵まれ祇園祭本番を迎えることができました

交流した茨城高専の柏崎択さん(右)と筆者(左)