トピックス

測量コンテストで総合優勝と敢闘賞を受賞(学生取材記事)

    11月24日から26日、日本科学未来館で公益社団法人日本測量協会主催の測量コンテストが開催され、環境建設工学専攻の専攻科生3名と環境都市工学科の5年生3名の2チームが自作機器部門に参加し、それぞれ総合優勝と敢闘賞を受賞しました。
 測量テーマは昨年同様、会場に設置された地球と月の模型の中心間の距離を測定するというもので、測量精度やアイディアなどの審査基準によって評価されます。昨年は総合優勝を目指しながら、特別賞に終わり、悔しい思いをしましたが、今年は昨年の反省を活かし、改めて測量の原理・原則に立ち返り、様々なアイディアや工夫を凝らしました。
 結果として、目標であった総合優勝を果たせたことは、とてもうれしく、大きな達成感がありました。また、仲間と協力し、努力する過程はとても有意義なものであり、思い出に残るとても貴重な経験となりました。
(文責:環境建設工学専攻2年 原 直樹)

 

総合優勝を果たした3名

総合優勝の表彰状

敢闘賞の表彰状