トピックス

留学生交流潮干狩り(学生取材記事)

 6月25日、留学生交流潮干狩りを行い、留学生指導教員2名と学生課職員1名のもとで、留学生とチューター(留学生指導学生)、合わせて19名の学生が参加しました。
 当日の朝、大雨が降りましたが、幸いにも午前中でやみ、留学生とチューターは男子寮の前に集まり、自転車で木更津海岸に行きました。道具が配られた後、皆は自分のチューターと一緒にアサリを狩り始めました。皆と一緒に潮干狩りをして、本当に楽しかったです。採ったアサリは寮に持ち帰って、料理しました。
 今回のイベントは、留学生とチューターの関係をさらに深める良いきっかけになり、また、留学生が日本の文化をさらに深く理解することもできました。

文責:機械工学科3年 ウィー

潮干狩りを終えての一枚

潮干狩りを終えての一枚