トピックス

第24回テクノフォーラムを開催

 2月2日(火)、本校と地域企業等との連携活動を推進している技術振興交流会の第24回テクノフォーラムを開催しました。
 今回のテクノフォーラムは、本校学生を含む学内外104名の参加がありました。長野史郎会長、前野一夫校長の挨拶に始まり、本校環境都市工学科の島崎彦人教授が、「空撮から3次元計測まで~市販のデジカメとドローンの活用最前線~」と題して無人航空機 (UAV) の昨今の状況と、3次元計測への応用について紹介しました。その中で、数万円で買える市販のデジカメとドローンを使って、数百万円の業務用測量機器にほぼ匹敵する精度で、かつ、対象領域を面で一気に計測ができるという最新の研究成果が紹介され、注目を集めました。
 続いて、フリーランスでご活躍の中村薫様を講師にお招きし、「ジェスチャ認識・物体形状取得がもたらす新たな未来~Kinectなど距離センサの概要と事例~」と題してご講演いただきました。映像情報だけでなく、距離情報を計測することで、物体と背景の分離が容易、かつ、リアルタイムで処理できるという最新技術とその応用事例をご紹介いただきました。
 また、Kinect V2 とRealSense を用いた人体のスケルトン情報の取得や手指の形状追跡、顔の認識、室内の3次元計測などのデモンストレーションでは、会場が沸きました。アイディア次第で多種多様に応用でき、ユーザにとって分かりやすく、使いやすい新たなインタフェースの構築の可能性を示唆してくださいました。
 技術振興交流会では、定期的にテクノフォーラム等の活動を実施しています。詳しい活動内容等については、木更津高専技術振興交流会ホームページをご覧ください。

長野会長の挨拶

長野会長の挨拶

前野校長挨拶

前野校長挨拶

島崎教授の講演の様子

島崎教授の講演の様子

中村講師による講演の様子

中村講師による講演の様子