トピックス

第1回運営諮問会議を開催

   本校では去る11月9日、第1回運営諮問会議を開催しました。この会議は、校長の諮問事項に対し学外有識者から提言や助言を受け、学校運営の改善・発展に資することを目的としたもので、これまで5年に1度実施してきた外部評価について、構成員を充実し今回から毎年1回以上開催することとしたもので、委員は、高等教育機関、中学校長会、自治体や商工会議所、企業、金融機関、報道機関といった県内各機関の有識者により構成されております。

 関実千葉大学大学院工学研究科長が議長を務めた当日の会議は、前野校長の挨拶と「高等専門学校制度の概要等」、「木更津高専の教育・研究等の現状について」及び「【重点課題】日本の社会の変革に伴う新しい教育体制の構築について」の各資料に基づく説明に始まり、各委員の懇談を通じカリキュラムの在り方、グローバル化や地域連携の在り方などの教育研究活動に関する多岐にわたる質問や有意義な提言が寄せられました。

 その後、各担当者の案内で実験・実習施設や学生寮を視察した委員一行は、各施設の説明に耳を傾け、高専の特色について実感している様子でした。

本校では、この度受けた数々の提言等について、今後の学校運営の改善・発展に役立てていくこととしています。

挨拶をする前野校長

挨拶をする前野校長

担当者の説明を受ける委員一行(都市創造実験室)

担当者の説明を受ける委員一行(都市創造実験室)

担当者の説明を受ける委員一行(流体実験室)

担当者の説明を受ける委員一行(流体実験室)