トピックス

高専ロボコン2018関東甲信越地区大会を振り返って(学生取材記事)

 10月14日(日)、東京都大田区「片柳アリーナ」にて、高専ロボコン2018関東甲信越地区大会が開催されました。木更津高専からはAチームの「ぽいっせいっどーん!」とBチームの「fish&flip」の2チームが参加しました。
 今年の競技は「Bottle-Flip Cafe」。ロボットによるペットボトル立て対決です。カフェに見立てたフィールド上に設置されたテーブルの上にペットボトルを投げたり、置いたりして立たせると得点となります。ロボットは手動ロボット、自動ロボットの2台で2分間戦うことになります。フィールド上には7つのテーブルがあり、その真ん中には高さ2m40cmの二段テーブルがあり、上段のテーブルにペットボトルを立たせると5点を獲得できます。その他のテーブルに立たせると1点を獲得できます。
 Aチームは自動ロボットにセンサを多数搭載して動きをコントロールしながら得点を稼ぐ戦術で、Bチームはスタート場所から一歩も動かず投擲するロボットを自動・手動共に作成し、大会に臨みました。
 結果は、両チームとも予選リーグでは1勝1敗、いずれも判定勝ちで、各リーグ1位が出場できる決勝トーナメントには進出はできませんでした。各チームの結果としては、Aチームが何も賞を獲得できず、Bチームは企業からの特別賞を受賞しました。
 昨年度に引き続き、今年も全国出場はできませんでした。残念な結果となりましたが、この悔しさをバネに来年につなげていけるようにこれからも頑張っていきたいと考えています。
                               (文責:機械工学科 3年 本木佑樹)