トピックス

関東信越地区高専体育大会(ソフトテニス)について(学生取材記事)

木更津高専ソフトテニス部は、月・火・木・金・土と第1・第3日曜日に活動しています。おもに平日は前衛のボレー、スマッシュや、後衛のロブやシュート練習、サーブ、レシーブ練習をやっています。休日は校内戦を行ったり、実戦練習もたくさんやっています。試合に勝つためにはたくさんの練習をしなくてはいけません。

写真の大会は、高専大会という大会です。千葉県内の白子町にあるテニス村で行われました。団体戦と個人戦があり、団体戦は8校中上位2校が全国高専大会に行けます。対戦方法は、最初に全8校を半分に分け、Aブロック4校、Bブロック4校での予選リーグ戦を行います。次に各ブロックの上位2校、計4校が決勝リーグを行い、1位を決めます。

木更津高専は予選リーグで群馬高専、茨城高専、小山高専と試合をしました。初戦、群馬高専との試合は1勝2敗で負けてしまいました。次の試合、茨城高専との試合は1勝2敗と負けてしまいました。最後の試合、小山高専との試合は3勝0敗と勝つことができました。しかし予選リーグ3位ではトーナメントに行くことができませんでした。団体戦は1ペアだけ勝っても、勝ったことになりません。チームで勝つことがとても大切です。

個人戦は50ペア中の上位2ペアが全国高専大会へ行くことができます。男子は初戦敗退するペアもありました。2回戦目で出場4ペア全て負けてしまいました。女子は勝ち進み、1ペアが3位に入ることができました。

今回の高専大会では、女子1ペアの3位のみという結果に納得できなかった人もいました。来年はいい結果を残せるよう、力を発揮できるようにがんばりたいと思います。高専大会を終えて、それぞれの目標が見つかりました。木更津高専ソフトテニス部は、近々の大会に向け、来年の高専大会に向けがんばっています。とてもフレンドリーな人たちばかりなので、とても楽しいです!

文責:村田歩紀(電気電子工学科2年)

<参考>
日  程:平成24年6月30日(土)~7月1日(日)
開催校:群馬高専
会  場:サニーインむかいテニスコート

tennis
(下段左)大森君のレシーブ    (下段右)女子個人第3位の成田・早川ペア