トピックス

関東信越地区高専体育大会(バレーボール)について(学生取材記事)

<バレーボール部>
7月14日と15日に栃木県小山市で高専大会が行われました。参加校は10校で、我々は前年度優勝校として第1シードで出場しました。1回戦目は群馬高専、2回戦目は小山高専、準決勝はサレジオ高専、決勝戦は長野高専と戦いました。決勝戦までは順調に勝ち進みましたが、長野高専は強く、ストレートで負けてしまいました。我々と長野高専との違いは気持ちの強さだったと思います。この敗北から得たことを忘れずに、来年の大会に向けて、強い気持ちで日々の練習を怠らず精進していきたいと思います。

文責:酒井宏佑(電子制御工学科3年)

<女子バレーボール部>
今回の大会は、私達1年生にとって何もかもが初めての体験でした。大会の規模や競技レベルなども中学の時とは違っていて、とても充実した3日間だったと思います。結果は、男女共に決勝戦で長野高専と対戦し、どちらも敗戦、準優勝となりました。全国大会にはあと一歩及びませんでしたが、私達は最後まで笑顔を絶やさずにプレーすることができました。今回の大会で目標や課題を再確認し、これからの日々の練習に繋げていきたいと思います。そして来年は必ず今年の成績を一つ、上回るようにしたいと思います。

文責:島袋七海(情報工学科1年)

<参考>
日  程:平成24年7月14日(土)~15日(日)
開催校:小山高専
会  場:栃木県立県南体育館

volley1
(上段)執筆者(酒井)が速攻を決める瞬間 (下段)結果は準優勝!

volley2
(上段)結果は男子と同じく準優勝! (下段左)得点時の様子 (下段右)アタックの瞬間