トピックス

全国高等専門学校第23回プログラミングコンテストに出場しました (学生取材記事)

10月13日(土)と14日(日)に、福岡県大牟田市の大牟田文化会館にて、全国高等専門学校第23回プログラミングコンテストが行われました。今回のコンテストでは、木更津高専からは我々競技部門チームが本選(全国大会)に出場しました。

今回のプログラミングコンテストの競技部門は、サイコロの山からコンピュータとデジカメ等の調査用機材を活用して、その山に埋もれているサイコロの個数をできるだけ正確に、しかも早く数えたチームが勝利する競技です。

我々のチームは、最初に重量の合計から比率を1:1:1に固定して個数を算出し、その後撮影された写真に映っているサイコロの点を抽出して大きさごとに比を求め、個数を再計算するという戦略を実施しました。

結果は一回戦敗退(5位/6組)、敗者復活戦通過(1位/3組)、二回戦敗退(6位/6組)でした。敗因は比の算出精度の弱さだと考えられます。サイコロの大きさが異なるため、単純にサイコロの目の大きさから距離を求めるという戦略のみでは対応できない難しさがありました。しかしながら、その点を解決する方法を見出す楽しさのある、奥の深い課題だと思いました。

さらに興味深い点としては、自由部門で活躍したチームが世界大会でも活躍している と知りました。来年以降は自由部門も視野に入れて、大きな舞台で活躍したいと思いま す。

文責 石井大貴(情報工学科3年)

pro1
さぁ、今年も始まったぞ!

pro3
真剣に計測しています

pro4
堂々の1位で2回戦へ進出決定!

pro5
来年もがんばりますっ!