トピックス

1年合同ホームルーム特別講演「飴細工師への道」を聴講して(学生取材記事)

1月10日(木)、1年合同ホームルームでの特別講演は、本校機械工学科卒業生の手塚新理さんによる「飴細工師への道」と題した話でした。

僕は講演会と聞いて、堅苦しい話なのだろうと思っていたが、そうではありませんでした。手塚さんは、学生が楽しめるよう冗談を交えたり、実際に飴細工を見せてくださったりしました。飴細工を生で見るのはもちろん初めてでしたが、話しながらあっという間に作ってしまうことに驚きました。他にも、以前花火師を目指していたことや、飴細工の楽しさなど、色々な話をしてくださいました。

手塚さんの職業は、高専卒としてはかなり珍しいです。しかし、やっていて楽しいと感じられる「ものづくり」ができるというのはすばらしいことだと思います。僕も将来、自分が楽しめることを仕事にしたいなと思いました。

文責:佐久間巧(機械工学科1年)

ame1

ame2
飴細工を実演してくださる手塚さん