トピックス

学生の表彰を行いました

5月28日(火)、校長室にて課外活動で全国大会優勝に相当する優れた成果を収めた学生(2件3名)と、人命救助をした学生(1名)に対して、表彰を行いました。
受賞者と表彰理由は下記のとおりです。

(1)鵜重 誠君…マイクロソフト・国立高専機構IT共同プロジェクト『アプリ開発コンテスト 優秀アプリ賞部門』優勝
このアプリ開発コンテストは、全国の高専生を対象としてWindows8向けアプリケーションの開発を競うもので、3月12日に行われ、鵜重君は『優秀アプリ賞』部門で優勝しました。アプリ名はTikkaで、シンプルなツイッタークライアントソフトです。
ここからダウンロードできます。
 
(2)江澤 拓哉君,佐藤 陸君…日本マイクロソフト社主催『Imagine Cup 2013日本大会 Windows8 チャレンジ部門』最優秀賞
Imagine Cupは、マイクロソフト社が主催する世界最大の学生ITコンテスト大会で、2012年には、東京高専の学生が世界大会で準優勝したこともあります。
今回は、この大会の中に設けられた『Windows8 チャレンジ部門』という日本国内だけの競技会で、4月7日に行われ、大学や高専からの選抜チームがWindows8の機能やデザインコンセプトを活かすストアアプリを競い、『青リンゴ』というチーム名で最優秀賞を獲得したものです。
受賞アプリは『New War’s』で、Windows8タブレットPC上で動く新感覚重力2人対戦ゲームです。ここからダウンロードできます。

また、大会の様子はこちらから。

(3)中村 永君…平成24年9月16日(日)、千葉県富津市の木更津港富津公共埠頭にて釣り人が海に転落した際、当該学生と他2名の計3名で海に飛び込み人名を救助し、1月13日(日)、富津市消防長より感謝状が贈られました。

 表彰状が授与された後、工藤校長から、上記2件の大会での優秀な成績は、本校の学生のアプリケーション開発能力の高さを示すものであり、また人命救助は、冷静な判断力と勇気ある行動を示すものであり、いずれも学生の模範として素晴らしいと激励を受けました。

05291
表彰を受けた学生

05292
デモンストレーションの様子