トピックス

木更津市夏季小中学校教員研修会を開催しました

7月31日(水)、木更津市まなび支援センターの依頼を受け、木更津市夏季小中学校教員研修会の一環として、子供の理科離れの解消と理科授業の能力向上を図ることを目的とした講座を開催しました。
同講座は、平成22年度から実施しており、今回は「理科目線で空をチェック」というテーマのもと市内の小中学校教員25名が参加し、木更津市初谷教育長も真剣な様子で講座に取り組む参加教員の様子を視察しました。講師は、本校物理担当教員3名が務め、ペットボトルを利用した雲の作成やプラネタリウムの制作、屋外の放射線量の測定などを行いました。
参加者からは「自校での理科授業に役立てたい」などの声もあがり、充実した研修会となりました。

08051
ペットボトルで雲を作成

08052
屋外での放射線測定