トピックス

関東信越地区高専体育大会(陸上)について(学生取材記事)

今回の関東信越地区高専大会では、前回大会の反省点であった『選手に対するサポート』が滞りなく行われており、とても良い雰囲気で試合に臨めました。
全体の成績は、男子総合2位でした。個人の成績は、下記の様に7種目で全国大会出場権を勝ち取りました(リレーを除く)。しかし、練習量が足らず、大会のペースについていけてない選手もいました。今大会でもいろいろな改善点が見つかりました。
これらを今後の練習に生かし、次の大会でライバルの高専を上回る競技力を身に着け、一番高い表彰台を目指します。

【個人の成績(3位までの入賞者】
やり投 優勝 財津 太功実(3年)・・・関東信越地区高専新記録、大会新記録
400m 第2位 野村 奨平(2年)、走幅跳 第2位 山口 主浩(2年)
110mH 第3位 中村 亮太(4年)、走高跳 第3位 大藪 剛士(2年)
三段跳び 第3位 山口 主浩(2年)、円盤投 第3位 小川 伸也(5年)
4×100mR 第3位 石井 大智(4年) – 松田 夏以(2年) – 大藪 将士(4年) – 中村 亮太(4年)

文責:小川 伸也(機械工学科5年)

<参考>
日  程:平成25年7月20日(土)、7月21日(日)
開催校:茨城工業高等専門学校
会  場:笠松運動公園 陸上競技場

0822