トピックス

厚生補導研究会を開催しました

平成25年8月27日(火)、木更津工業高等専門学校厚生補導研究会を開催しました。
今年度は、「今後の入試、教育のあり方について」と題して、本校の今後の教育のあり方、地域性や入学者の動向を考慮した学科再編、入試方法の見直し等を中心に意見交換を行いました。
基調報告では、教務主事補3名より他高専の興味深い教育制度や入試制度についての事例の調査報告がなされました。
基調講演として、人事交流事業として阿南高専から本校に来られている森山教員により「阿南高専における1学科5コース制の導入について」と題し阿南高専の新しい入試制度・教育制度についての紹介がありました。
また、午前中の最後に、本校鴇田教務主事より、「時代に対応した特色ある教育」と題して、午後の班別討議への基調となる報告がされました。
午後からは、午前中の基調報告・基調講演を踏まえ、 6班に分かれて討議を行いました。どの班も忌憚のない意見交換がなされました。最後に班別討議のまとめとなる全体討議を行い、どの班も活発で建設的な討議があったことを伺わせる全体討議となりました。

09021 09022

報告・講演の様子

09023
班別討議