卒業生・教職員の活躍のお知らせ

卒業生が無料アプリを開発しました

2007年3月に情報工学科を卒業した伊藤雅彦さんがiPhoneアプリを開発しました.「バッテリの空腹を改善するアプリ」で,バッテリーを長持ちさせると同時に,充電可能な近くの場所を検索できるiPhoneアプリ「バッテリーDr.スクラート」です.無料でダウンロードできます.

伊藤さんより:
 卒業してしばらくは比較的大手の企業に勤めておりましたが、自分が制作したものが直にお客さんの手に触れられること、デザイナとのやりとりが出来ること、クリエイターの世界に少し触れられることなどの理由でWebサイトやスマホアプリの制作会社である株式会社ラソナに転職を致しました。開発したiPhoneアプリは、転職後初めて制作したものになります。
 Amazonで買い物をしたり、Facebook、mixiなどのSNSでコミュニケーションをとったりスマートフォンで漫画を読んだりするなど、普段自分がユーザーとして触っていたものを実際に作っていくことは、非常に楽しく、やりがいを感じております。
 私は中村勇吾さんという方に憧れて今の業界に入りましたので、今後も技術を磨き、Web業界でトップクラスの人間になりたいと思いますし、それが高専で勉強させて頂いた恩返しになればと考えております。