情報工学科:学科概要

情報工学科とは

情報工学科は,木更津工業高等専門学校の第5番目の学科として,平成2年4月に設置されました.
情報工学科は「次世代の情報システムを創造する技術者育成」という指針に基づき,ソフトの設計開発ができる技術を習得し,ハードの仕組みをしっかりと理解し,人・物・社会とのインターフェースを考え,新しい情報システムづくりが出来る人材を養成を目指しています.


学科パンフレット

2012年7月に情報工学科の公式パンフレットが発行されました.

表面

裏面

画像をクリックすると拡大します.戻るときはブラウザの戻るボタンで.


次世代の情報システムを創造する技術者育成

情報工学科の育成方針

「情報工学」とは,情報を利用する方法についての学問です.
情報を

作ったり

伝えたり

測ったり

加工したり

する技術の集まりです.
これらの技術は,コンピュータを介して行われますので,コンピュータの構造(ハードウエア)やコンピュータの動かし方(ソフトウエア)の学習が基本となります.


授業内容

情報工学科で教える事は,俗に言う「情報処理」とは少し違い,普遍的な(長期間通用する)「知識と知恵」を教えます.
情報工学科の専門科目は,下の図に示すような関係を持って構成されています.
上でも述べた通り,ハードウェア(計算機の物理的しくみ)とソフトウェア(計算機の論理的しくみ),およびそれらの基礎と応用から構成されています.
また,専門科目は一般科目の学習を前提としており,プログラミングやハードウエアの他に基礎理論の講義があります.
数学や物理学といった専門科目の基盤となる学問をしっかりと就学し,知識の基盤を固める必要があります.
専門科目と一般科目は相互に密接に関係しており,学習順序に従って着実に学習を進めることが,情報工学全体を修得するための重要なポイントです.

専門科目の構成

情報を作る

混沌とした情報の中から意味があるものだけを抜き出して利用する技術です.
5年次の画像情報システムや分散情報システムでその一端を学ぶことができます.

情報を伝える

インターネットに代表される,通信の技術です.
5年次の情報通信システムで学びます.
また,安全に通信する方法については5年次の情報理論で学びます.

情報を測る(情報を集める)

センサーを使って測定した情報から,その後の機械の動きを決めていく技術です.
1年次の実験・実習,4年次の計算機インターフェースや制御工学で学ぶことができます.

情報を加工する

画像や音声,知識等の情報を加工する技術です.
5年次の画像情報システムや信号処理工学で学ぶことができます.