学科専攻科紹介

専攻科

専攻科

専攻科は、従来の5年間の高専教育の上にさらに2年間のより高度の教育を行うことを目的に平成13年4月に設立されました。専攻科において、所定の単位を修得し、大学評価・学位授与機構が行う試験に合格すると、大学学部卒業者と同様に学士(工学)の学位が取得できます。また大学院に進学もできます。木更津高専専攻科には、機械・電子システムエ学専攻、制御・情報システムエ学専攻、環境建設工学専攻があります。

機械・電子システム工学専攻

本科課程の機械工学科と電気電子工学科において修得した基礎知識をべ一スとして、機械及び電気電子それぞれの分野に高い技術及び実践力を有する高度な技術者及び両専門分野を融合した柔軟性のある研究・技術開発能力を兼ね備えた先端技術に対応できる中核的・指導的技術者育成をめざしている。

制御・情報システム工学専攻

情報処理技術を基礎として、意思決定技術、ソフトウェア技術、通信技術、制御技術及びメカトロニクス技術に係わる教育指導を行い、創造的、実践的な制御システムに対応できる中核的・指導的技術者育成をめざしている。

環境建設工学専攻

社会的に深刻となっている環境や都市などの高度で広域化した問題に柔軟に対応できる思考力と創造力を併せ持つ技術者を育成するとともに、これらの問題に対応した研究開発ができる中核的・指導的技術者育成をめざしている。