入試情報

学費・奨学金制度

入学料・授業料

入学料

84,600円(入学時のみ)

授業料ほか

  区分 金額 備考
授業料 前期 117,300円
後期 117,300円
学友会 入会金 1,000円 入学時
会費 10,300円 毎年
後援会 入会金 15,000円 入学時
会費 18,500円 毎年

上記金額は、改定される場合があります。改定された場合は、改定後の額が適用となります。
授業料については、在学中に授業料改定が行われた場合は、改定時から新授業料が適用されます。

授業料の免除・高等学校就学支援金

授業料の免除等

経済的理由により、授業料の納付が困難であり、かつ学業成績優秀と認められる場合は、願い出(授業料免除等)に基づき選考のうえ、その期に納付すべき授業料の全額あるいは、半額が免除されます。

授業料免除を希望する4・5学年及び専攻科学生は、2月及び7月に申請方法を掲示しますので,期日までに「授業料免除願」を学生課学生係に提出してください。

また、授業料納付期限までに授業料の納付が困難な場合は「授業料徴収猶予願」、特別な事情がある場合には「授業料月割分納願」がありますので、学生課学生係へ申し出てください。

高等学校等就学支援金

家庭の教育費負担を軽減するために、平成22年4月から「公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律」により申請に基づき授業料の一部が助成されます。この就学支援金は、学生又は世帯に交付されるものではなく、授業料から減額されるものです。
就学支援金を希望する1-3学年(在籍36ケ月まで)の学生は、指定された日までに申請書を提出してください。なお、所得に応じて支給額が異なり、世帯区分別の支給年額は下記の表のとおりとなっております。また、前期・後期の途中で退学及び休学した場合は、就学支援金は在籍月までしか支給されませんので、残りの就学支援金相当額を納付することとなります。詳しくは学生課学生係にお問い合わせください。

市町村民税+都道府県民税所得割額の合計金額

(保護者等の合算額)

就学支援金支給額

(前期)

就学支援金支給額

(後期)

① 507,000円以上 0円 0円
② 257,500円以上 ~ 507,000円未満 59,400円 59,400円
③ 85,500円以上 ~ 257,500円未満 89,100円 89,100円
④ 0円(非課税)以上 ~ 85,500円未満 117,300円 117,300円

  ※H30年4月に判定基準が変更されています。

平成26年3月以前から在学の学生については、制度が異なっております。支給額等の詳細については、学生課学生係までお問い合わせください。

奨学金制度

日本学生支援機構 貸与奨学金

学業・人物ともに優秀で、かつ健康であり、経済的理由により学資の支弁が困難と認められる者に対し、学資を貸与する制度です。学生の申請により学内で審査して、基準を満たした学生を機構へ推薦します。機構で審査の上、採用が決定されれば、奨学金の貸与を受けることができます。学内募集は、例年4月に行なっていますので、学内掲示を確認してください

家計が急変し、修学が困難になった場合は、定期外で緊急採用・応急採用の制度 new_windowもありますので、学生課学生係に相談してください。

その他の奨学金制度

地方公共団体・民間団体の育英事業等の奨学金制度がありますが、いずれもその団体所在地の出身学生に限る場合が多く、出願採用時期もまちまちで、本人が直接手続きをするのが多数です。なお、学校推薦を必要とする場合や、採用になった時は、学生課学生係へ申し出てください。