スクールライフ

保健室・学生相談室

保健室・学生相談室(講義棟A-1階)

<保健室>

 保健室には看護師が勤務しており、学生・教職員の怪我、病気の応急処置、健康面での相談等に応じています。継続治療は原則的には行いませんので必要に応じて医療機関の照会もいたします。
学生の皆さまの健康状態を出来るだけ把握し、健やかに学校生活が送れるようお手伝いさせて頂きたいと考えておりますので、些細なことでも結構ですのでお気軽にご利用下さい。

 また、学校保健安全法の定めにより、毎年4月~5月にかけ「学生定期健康診断」を実施します。健康診断の未受診者は、体育祭、マラソン大会や宿泊研修等の学校行事の参加が認められません。健康診断証明書(就職・進学・各クラブ行事等への参加)の作成は、主として、定期健康診断の結果に基づいて作成されますので、必ず受診してください。

 その他、学校薬剤師により各種学校環境衛生検査を実施し、より良い学習・生活環境を整えております。

●日本スポーツ振興センター災害給付金について
 授業中、課外活動、登下校時など学校管理下における学生の負傷、疾病、障害又は死亡に関して必要な申請業務を行います。

<学生相談室>

 人は皆それぞれに、さまざまな問題を抱えて生きています。まして、多感な青春時代はなおさらです。勉学や友人関係、クラブ活動、兄弟や親子関係、健康や性の悩み等々、私たちの悩みや不安、心配の種はいつも尽きることはありません。人は青春時代に、様々な難関に遭遇し、もがき苦しみ、それを乗り越えて、内面的な成長を遂げてゆきます。

 しかし、どんなに努力してみても、自分一人の力では容易に解決しないばかりか、ますます混乱が深まり、ついには立ち上がれないほどに疲れ切ってしまうこともあります。

 学生相談室は、青春時代のさまざまな疑問や問題を学生とともに考え、学生が心身共に健康で充実した学生生活を送れるよう、手助けをさせてもらうところです。自分一人ではどうすることもできないと思うようなとき、ほんの少し勇気を出して学生相談室に足を向けてみませんか。プライバシーは一切、堅く守ります。どうか、学生相談室の存在を心のどこかに留めておいてください。また、休学中の学生および学生に関する保護者の相談についても対応します。保護者とカウンセラーの相談が解決への近道になるかもしれません。
 お気軽にお問い合わせください。相談予約は、保健室で行っています。   

 【保健室連絡先】 0438-30-4036/soudan@a.kisarazu.ac.jp
   詳細については、「学生相談室のご案内(pdf)」をご覧ください。


●障害者差別解消法に伴う本校の対応について
 本校は、障害者差別解消法が施行に従い、障害のある学生への支援体制を見直しました。学校生活の困りごとがある場合は、「担任」または「学生相談室(保健室)」にご相談ください。

 独立行政法人国立高等専門学校機構における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(pdf)

学生相談室

 

●学生支援スペース
 主に学生の学習支援を実施するため、学生支援スペースが設けられています。
 講師の方にお越しいただき、希望者を対象に特別補講を実施しています。